住宅ローンの借り入れ

住宅ローンの借り入れを決める際は、金利を最優先事項として考慮するのが一番いいとされています。しかし確かに金利が最優先とされるのですが、それ以外にもしっかりと考えなければならないことがいくつかあります。

たくさんの銀行があるわけですから、それぞれが独自性を打ち出した待遇を設けているので、そこに目をつけることも大切です。便利な時代で、ホームページから金利が紹介されおり、鵜呑みにしてしまう方もいるかもしれなせんが、その金利が必ず適用されるのではありません。店頭に行きチェックしてみると、割引があり、10年固定金利1%が1.5%になるということもよくあるのです。今は、割引がある店舗が増えているようなので、できるだけたくさんの店頭に行って話を聞くことも大切なことです。

注意したいのが、「大手なら安心」「大手はやっぱりいい」という決めつけです。地元の信用金庫などは、大手より密着しているので、待遇が良い場合もあります。そのため、たくさんの情報収集をして決断するようにしましょう。
ポイントとして、団体信用生命保険の支払いが金利に入っているかどうかの確認です。通常、金利に入っているケースが多いのですが、金利が極端に低い場合は入っていないこともあるようです。団体信用生命保険の料金を上乗せすることで、金利が割高になることもあります。金利に加入しているかどうかを確認することが重要です。

当サイトで重要ポイントをご紹介します。